「自賠責保険」また値上げ?!

"『平成25年度から自賠責保険が値上げ?!』

この自賠責保険とは・・・自動車損害賠償責任保険という強制保険のこと。
自動車や原付バイクを運転する人は、必ず入らなくてはいけない保険です。
このことは「自動車損害賠償保障法」において定められています。

自賠責保険は、「対人事故」が対象です。
物損事故だけの場合には適用されないので、車両やモノなどの物損に対する保険は、別に掛ける必要があります。


例えば、ほとんどの人が「任意の自動車保険」にも加入しています。


この、車社会で切ることのできない「自賠責保険」それが、値上げするというのです!

この保険、平成23年度にも一度値上げされているので、
今回は2回目の値上げです(^^!)

平成23年度の値上げ幅は、全車種平均11、7%(2,480円)
車1台につき22,470円だった保険料が、24,950円にアップしました。

平成25年度には、更に15%(3,700円)値上げされます。

この2年の間で値上げした額は、
車1台につき約30%(6,000円)!!

この金額―きついですよね~

そのうえ、事故を起こしてしまったら・・・任意の自動車保険は、等級に関わらず、これまでの1、6倍も値上がります。

何にせよ安全運転が第一ですね!

それにしても、最近、収入より各方面で、値上がり幅が大きく、家庭の負担は大きくなるばかり!

「ガソリン価格」の高騰も大変なものです。最近では円安が進み、上昇するのみ!

ガソリン価格が10円上がると、60リッタータンクの場合、1回満タンにするごとに600円アップ。
30円上がった場合には、1回につき1,800円アップ。

年間では?更には10年では?
…それは恐ろしい額になりますね…


『消費税』についてもエンゲル係数に暗い影をおとしています。

一般家庭では、いずれ、年間10万円以上もの負担になる計算結果が出ています。


『電気料金』はといえば、平成24年9月から既に、平均8、46%の値上げが実施されており、
負担額は、1ヶ月で1,000円~2,000円のほど…


全てを合わせると、一般家庭の場合、年間で20万円も負担が増える計算になります。


これで生活していけるのでしょうか?
不安で、ますます少子化になっていくのでは・・・日本は大丈夫かと、心配になります。

せめて、自動車保険の負担は軽減させたいですね。

安全で、安価な自動車保険に
ニーズが集まるのではないでしょうか?


時給換算26万円!廃車買い取り、引き取り業者の実態

同じ車なのに、査定する業者が違うだけで13万円も違うなんて。
個人にとって、13万円の差は非常に大きいですよね。

たった30分あることをするだけで変わる見積金額!
時給換算26万円!?

あなたは休日の1時間だけで26万円稼げますか?

ちょっとしたことで変わる愛車の買い取り価格♪

知りたいひとだけに、教えちゃいます♪

廃車引取してもらいたいクルマが事故車の場合には、まずコチラを確認してください。


関連記事

乗らなくなった車の処分と督促状

人気のボディーカラー・色で10万円アップ!不人気色は・・・中古車買取の査定金額

実は新車を売るための自動車税!?

あなたは廃車手続きには何種類もあることを知っていますか?

保険料が高くなった任意自動車保険!クルマを所有するなら知っておきたいこと