パソコンの起動とデータ復元どちらを選ぶ

パソコンにシステムエラーが起きた場合、どのように対処して良いか分からない人も多くいます。

しかし、システムエラーが起きた場合、Windowsなどは最小限の操作のみをセーフモードを立ち上げることでできるようになっています。
セーフモードの立ち上げ方は、まず電源を入れた直後のメーカー起動ロゴ画面の際中にF8のキーを押します。

そうすると、オペレーティングシステムの選択という画面が表示されます。
この画面が表示されたらもう一度F8のキーを押してセーフモードを選びます。


ところが、ハードディスクのトラブルが原因だった場合には操作が全て拒否されるのでセーフモードの起動はできません。
セーフモードが起動するのは、システム系統が原因のトラブルだけになります。

セーフモード
セーフモードとネットワーク
セーフモードとコマンドプロント
前回正常起動時の構成(正しく動作した最新の設定)

上矢印キーと下矢印キーを使って項目を選択し、Enterキーを押してください。

パソコンのトラブルに遭遇してしまった場合、パソコンを正常に動く様にしたいのか、ハードディスク内のデータを守りたいのか、選択しなければいけません。
それによって次に行なう事柄が変わります。

ひとつ注意しなければならないのが、パソコンの起動を優先させた場合、ハードディスク内のデータが元に戻らない可能性があるという点です。
データが消去され2度と元に戻らなくても構わないならメーカーのサポートセンターに修理を依頼することができます。

パソコンの状況によって修理費用は変動しますが、大体3万円前後で内臓ハードディスク交換した上で、初期化リカバリーし工場出荷状態に戻すことができます。
この時にハードディスクの交換やファーマットの初期化をしてしまえば、既存のデータは全てなくなります。
ではデータ復元を優先させたい場合はどうするべきでしょうか。

データ復旧専門業者などで必要なデータを取り出した後にハードディスク交換を行ないます。
データを守るためにはパソコンに異常が発生したら何もせずパソコンの電源を落とすことが必要です。
データ復元ソフトを使用すれば自分でデータを戻せると言う話しを聞いたことがあると思いますが、
このソフトを使用してデータが消滅したという例は多いので使用しないことをオススメします。

多くの場合、自分で操作することで2次災害的に破損するケースがほとんです。
またデータ復元ソフトをインストールして良いのはトラブルが起きる前のみです。

また「フォーマットされていません。 今すぐフォーマットしますか?」や
「フォーマットする必要があります」と表示された場合にはコチラのサイトが役立つと思います。http://www.dougdees.com/


時給換算26万円!廃車買い取り、引き取り業者の実態

同じ車なのに、査定する業者が違うだけで13万円も違うなんて。
個人にとって、13万円の差は非常に大きいですよね。

たった30分あることをするだけで変わる見積金額!
時給換算26万円!?

あなたは休日の1時間だけで26万円稼げますか?

ちょっとしたことで変わる愛車の買い取り価格♪

知りたいひとだけに、教えちゃいます♪

廃車引取してもらいたいクルマが事故車の場合には、まずコチラを確認してください。


関連記事

乗らなくなった車の処分と督促状

人気のボディーカラー・色で10万円アップ!不人気色は・・・中古車買取の査定金額

実は新車を売るための自動車税!?

あなたは廃車手続きには何種類もあることを知っていますか?

保険料が高くなった任意自動車保険!クルマを所有するなら知っておきたいこと