中古車に対する日本とヨーロッパの考え方は、かなり違う?

クルマの見積もり査定金額を見たら自分が思っていた金額よりもはるかに低くて少なかった、とあなたは感じた経験がありませんか?。
登録してから10年以上経過した車や走行距離が多い車、事故車などの見積もり査定金額は他の車と比べて落ちてしまうことは仕方ありません。

仮に新車を購入する時に下取りで出しても、また有名な車買取業者であるガリバーやアップル、ラビット、カーチス、ティーアップに出しても
10年以上経過した車や10万キロの走行距離を超えた中古車の査定額が高くなることはありません。


というのも登録して10年以上経過した車や10万キロの走行距離を超えた中古車は日本国内の中古車市場ではほとんど売買されないからです。

ところが海外の事例ではヨーロッパなどの海外では違ってきます。
年数や走行距離に関係なく中古車は人気が高く、日本では売れない様な状態の中古車が売れます。
なぜ同じ中古車なのに日本とヨーロッパでは違うのでしょうか。

その答えは環境に対する考え方にあります。
ヨーロッパではエコカーと言えば最新の車でなく中古車なのに対して日本ではエコカーと言えばプリウスなどを指します。
中古車がエコカーというのは、新車を作る際に資源を消費したり環境に良くない資源を排出するので、その工程自体がエコでないと考えているからです。

しかも最近の車は作りがしっかりしているので昔の様にスグに壊れてしまう、寿命が短い、ということもないからです。
エコカーとして日本で注目を集めたプリウスですが、作られている工程ではかなり多くの資源や環境破壊に繋がることをしているので、エコではありません。
表沙汰にはなっていませんが、有名な話しです。

中古車が人気なヨーロッパでは、購入時に300万円した車を10年後に売ったら150万円の値が付きますが、日本では数十万円にしかなりません。
なので日本で安く買い取った中古車を海外で高い金額で販売している中古車業者はたくさんいるわけですね。

もし、あなたのクルマの走行距離が10万キロ未満、新車登録から10年未満なら
ガリバーに一度、試しに見積もり査定を依頼してみるのが良いでしょう。

自分のクルマの買取り価格がスグに分かります。
営業所によっても違いがあるのですが、高額査定が期待できますヨ。

http://aeoea.net/


時給換算26万円!廃車買い取り、引き取り業者の実態

同じ車なのに、査定する業者が違うだけで13万円も違うなんて。
個人にとって、13万円の差は非常に大きいですよね。

たった30分あることをするだけで変わる見積金額!
時給換算26万円!?

あなたは休日の1時間だけで26万円稼げますか?

ちょっとしたことで変わる愛車の買い取り価格♪

知りたいひとだけに、教えちゃいます♪

廃車引取してもらいたいクルマが事故車の場合には、まずコチラを確認してください。


関連記事

乗らなくなった車の処分と督促状

人気のボディーカラー・色で10万円アップ!不人気色は・・・中古車買取の査定金額

実は新車を売るための自動車税!?

あなたは廃車手続きには何種類もあることを知っていますか?

保険料が高くなった任意自動車保険!クルマを所有するなら知っておきたいこと